学びの二つの方向性2017/06/17

保育学会の発表で、印象的な質問を受けました。
ここ数年、0~6歳の保育内容を体系化する研究を発表しています。
今年は、「人間関係」の発達と、発達に合う教材や活動の体系化です。

「高山先生は環境の研究者だと思っていたので、
教材や活動とは、一番遠いと思っていたのですが」

(え~~!そうなの~!)と心のなかで叫んでいた私ですが、
「環境×文化→豊かな遊び」
自分だけの常識だと気づいた瞬間でした。

自然・物的環境を準備するだけでは、豊かな遊びは生まれません。
森のなかでも、テレビの再現遊びを繰り返す子どももいます。
保育者が、どんな文化を提供しているか、それによって遊びの質は変わります。
子どもは、自発的な活動の中でも学び、大人の指導からも学びます。
遊び中心の保育や、環境を通した保育は、自由放任の保育とは異なるものです。

保育者のもつ専門性は、まだまだ言語化・理論化されていません。
私の専門性言語化計画。

本当は、環境構成も、子どもの把握も、関わり方も、
発達に合った遊びと生活も、保育のマネジメントも
養成で教えられれば良いのですが、
言語化されていないために、科目すら設置されていない状況です。

専門性のなかでも、環境構成が、他者に見え、
子どもの行動に影響が強いため、
最初に、環境構成の理論化に取り組みました。
ほぼ、まとまりつつあるのが、2冊目の保育者の直接的な関わりです。

そして、保育者のときから研究を続けているのが
3冊目の子どもの発達と遊び。
名のない遊びも含めて
この時期には、こんな遊びが子どもたちから生まれる、
またこのような遊びを通してこのような学びを得る、
それらを保育者が知っていないと、
小学校の先取り教育か、
教育の意図のないお楽しみ会のような保育、になりがちです。
保育者が想定する遊びの幅が広いほど、子どもの活動は広がります。





保育者は、どんなに子どもへの愛情や思い(エンジン)を持っていても、
発達の理解や生活や遊びの具体的な知識(車輪)がないと、前へ進めません。

うた、踊り、リズム活動、体操、絵本など芸術的な文化の質や
伝承されるおにごっこ、わらべうた、手合わせ遊びなど遊びの質によって、
子どもの日々使う言葉が変わり、体が変わり、遊びが変わります。

何億年もの進化の過程を、遊びのなかで繰り返す子どもたちに
どの時期に、どんな環境をつくり、どんな文化を提供するのか。
それは、とても難しいけれども、創造的な仕事です。

実践の現場から、保育者の意図と技術を明らかにしたいと思います。

小学館から新刊が出ます2017/05/12

最近更新ができていませんが、いつも読んでくださる皆様、
本当にありがとうございます。
コメントへの対応が追いつかず、
現在、コメント欄を一時的に閉めています。
申し訳ありません。

さて、小学館で「新幼児と保育」「012歳児の保育」の
4年間の保育環境シリーズが本になります。5月17日発売予定。
タイトルは、「学びを支える保育環境づくり」です。

できたて、ほやほやの本。

書店に並ぶ保育雑誌のなかで、初めて、
壁面製作とは異なる子どもが主体的に関わるための環境の構成」を
連載として取り上げたのが、小学館の「新幼児と保育」でした。
これは、保育雑誌に大きな影響を受けている保育界にとって
画期的な出来事だったと思います。


「新幼児と保育6・7月号」、小学館、2017年5月

6・7月号は、「まちをつくる子どもたち:あんず幼稚園の実践」(DVD:28分)が注目です。
「保育制度・政策情報/解説:指針と要領改訂のポイント」はわかりやすい。
本屋では、すぐに売り切れるので、なかなかお目にかかれません。

これまでも、「エデュカーレ」(汐見俊幸編集)、
「げんき」(エイデル研究所)などには、
専門性が確保された保育内容が掲載されていましたが、
それらの雑誌は、店頭で手に取ることができませんでした。

今、私は多くの園を見学させていただいていますが、
工夫された環境と、優しい笑顔の先生方を見るたびに、
(保育の現場にいたときに、他の園をもっと見たかった)と思います。
現場にいたときには、環境を構成したくても、構成の仕方がわからなかったんです。

「学びを支える保育環境づくり」はオールカラーです。
家でゆっくりとお茶を飲みながら、
旅行雑誌をながめるような気分で園の写真をながめる、
あるいはクラスの保育者たちで
本を囲んでワイワイとながめていただければと思います。

勉強好きの皆さんを頭に思い浮かべながら、
コラムには最新の学習理論や幼児教育に関するトピックを入れました。
園に子どもを預けている保護者の方は、読んだ後に、
「間違えて、先生向けの本を買っちゃいました」と、
園の先生へのプレゼントに使ってください(笑)。

環境を変えれば、保育が変わります。
質の高い保育を受けられる子どもたちが、どうか増えますように。。。


と書いたところで、保護者向けの雑誌、「プレジデントBaby」が送られてきました。
「プレジデントBaby」、プレジデントムック社、2017年4月発行

保育園の紙上見学会は、いつもながら詳細です。
「科学的に正しいしつけ・声かけ」は、「学力の経済学」の中室牧子先生。
どの記事も、保育雑誌よりも、内容が専門的で、文字量が圧倒的に多い。
・・・う~ん、保育雑誌、がんばれ~!!

新年度2017/04/04

新年度が始まりました。

黒目川の桜並木
黒目川の桜並木は、まだ5分咲き程度。今週末には、見頃を迎えそうです。
入学式の頃に、満開は珍しい。


朝霞市黒目川
菜の花も満開です。

新指針・要領の言葉の定義に悩む春です。


人形の表情2017/01/05

あけましておめでとうございます。


あるクラスで、「動物の人形で戦いをするんです」と、聞きました。
その動物を見ると、「ガオーッ」、「ギャオーッ」と、闘う顔をしていました。

子どもが、人形にうれしい、さびしい、悲しい
といった感情を「投影」するには、
人形は中立的な表情がよいと言われます。

大隅さんありがとうございます
たとえば、こんな感じ。


しかし、先の事例で気づいたのは、
ネガティブな感情を吐き出せない子どもには、
怒ったり泣いたりしている顔の人形やペープサートがあると、
セリフとして怒ったり泣いたり、感情の「吐き出し」ができるかもしれないということでした。

子どもは、遊びを通して受け入れられない現実を消化します。
人形に怒鳴ったりつねったり無理やり食べさせたりしている子ども、いますよね。
保育では、1歳児クラス以上には「抱き人形」を置きますが、
可愛くニコニコ笑っている人形よりも、様々な感情を映しやすい人形を選びます。


また木製やプラスチック製で、積木と組み合わせて使ったり
机上でお話をつくって遊ぶ「小さな人形」も、各園で使われています。

子どもたちの会話を引き出し、
ファンタジーの世界を広げるときには、
扱いやすい大きさと形であることも大切です。

人形によって、イメージがふくらむ人形と、そうでない人形があります。
お話がふくらむ人形の代表、
オストハイマー社の人形が、保育実習室に年末届きました。
(今年度は、シュタイナー思想に基づく玩具を収集しています)。

授業で学生に紹介した後、教室に残って撮影。

「あれ、なすちゃん、どこ行くの?」の図。
右端の子は、学生たちからすっかり、「なすちゃん」と呼ばれていました。
花の妖精のはずなのですが・・・。


思わず、ストーリーをつくってしまいます。


学生が並べた人形たち。心の純粋さが構図に現れますね。

今年もよろしくお願いいたします。

子ども連れの移動の工夫2016/12/29

日本中が移動の季節。

子連れの帰省は、本当に大変だと思います。

飛行機で泣いている赤ちゃんに何とかしたくても

立ち上がることもできませんね。

飛行機でメモを書きためました。

 

子どもってどうしてこんなに移動中にぐずるの?と

大人は思うかもしれません。

(どうしてぐずるの?!)と思う前に、

こんな風に考えてみてはどうでしょう。

 

赤ちゃんが30分、車に乗せられているのは、

大人が、3時間座っているのと同じ。

1、2歳の子どもが飛行機で1時間座っているのは、

大人が、4時間座ったままなのと同じ。

そう思うと、ぐずる子どもに腹も立たないし、

ドライブでは、30分ごとに休憩をとろうという気になると思います。

 

「ひだまり通信」チャイルド社の元のお便りより。

脳を発達させる時期の乳幼児の脳は、

大人よりも運動と酸素を必要としています。

じっとさせていれば、脳に刺激も酸素も届きません。

乳幼児は起きている間中、手を使い、体を動かし

イキイキと心を動かしたいと思っています。

動くことは、乳幼児にとって生理的な欲求。

動けない状況は、食べられない、寝られないのと

同じぐらいつらいのです。 

そこで移動のときに大人にできることを

考えてみました。

 

【移動の前に大人にできること】

昼寝の時間が移動時間になるように移動する時間を工夫する。
・じっとする時間の前は、ぎりぎりまで子どもが動けるようにする。
間違っても待合室に座らせて絵本の読み聞かせなんかしてはいけない。
・乗る前に近くに公園や遊び場があれば、そこを活用。
・自由に歩き回ったり、階段を登るだけでも活動欲求は充足。
・迷惑にならない場所で、大騒ぎや大笑い、大声を出すのでもよい。
・寒い場所や暑い場所で遊ぶと、乗り物ではぐっすり。
・電車で我慢→待合室で我慢→新幹線で我慢ではぐずりたくもなる。
どこかで子どもの脳への酸素供給と発達保障を想定。
・じっとするとき用の「お出かけセット」をつくっておく。
(ふだんは出さない小さいおもちゃ、
音がしない座って遊べるおもちゃ、
シール貼りやクイズ系の薄手のワークブック、
開きやすい小さな図鑑類、折り紙など)をつくっておく。
・持参する絵本は、読み聞かせ系の物語絵本よりも、
その子の大好きな物の図鑑的な閲覧するタイプの軽い本を選ぶとよい。
(お出かけ用絵本は普段は出さないこと)
・赤ちゃんの場合、投げても大丈夫なように
音のしないガラガラを服にクリップ等でつけて
乗り物のなかで手を使えるようにする。
・想像力がある幼児(2歳以降)は、
手でもって動かせる小さな人形を両手に持てば、
お話をつくって30分は遊べる。

【移動中にできること】

・水分はこまめに補給。

子どもは暑がり。起きている時間は着せすぎではないか確認。

乗り物のなかでボッーとすることは脳を発達させる乳幼児には無理。

10分以上乗るときには何かを手に持たせる。

・子どもには、見通しや状況を話すこと。
赤ちゃんや幼児にも「今から新幹線に乗るよ」「今からお耳が痛くなるからね」と
今からどうするのか、今何が起きているのか、説明をすること。
「大人の留学生」を案内しているなら必ず説明するはず。
大人の留学生に説明が必要なことは、初めて社会を体験するわが子にも必要。
小さな子どもでも言葉がまだわからなくても、話した方がよい。

大人が大きな声を出してあやしたり子どもを興奮させないように配慮する。

公共の乗り物では「ここでは小さな声でお話しようね」と、くり返し教える。

幼児の場合には、新幹線や飛行機では、内部にさまざまな物を見つけたり

外の景色をいっしょにながめたり「あれは何だろうね」と問いかけて

子どもの好奇心を満足させることができる。

・新幹線であればレジャーシートを敷いて、
床で遊ぶ方が幼児は体が自由で集中して遊べる場合もある。

・どんなに配慮しても子どもが泣いたり騒ぐことはあるので、

周囲の人に「すみません。子どもが小さくてご迷惑をおかけします」と

一言声をかけたり、ぐずったときに、声をかけることもできる。

自家用車の場合は、子ども、ママ、パパなどそれぞれが好きな歌を流して

みんなで歌うなど、体はじっとさせても、声を出して活動欲求を発散。


普段から大切にしておくといいこと】

・日頃から気持ちのいい体を育てる。

食事・睡眠・遊びを十分にとれるように配慮し情緒が安定するようにする。

・子どもが小さいうちは、大人も子どもも疲れすぎないようにする。

日頃からよく遊ぶ子どもに育てる。

赤ちゃんのときからテレビに子守をしてもらうと、

テレビがないと遊べない子どもになりがち。

自分で遊びをつくり出せる子どもに育てておくとよい。

と、いろいろと保育の知恵を使って書いてみました。

それにしても、じっくり考えてみると

羽田空港のキッズコーナーは、本当に貴重な場所です。

あの窓側に、赤ちゃんを降ろせる場所もあるといいですね。

今、福岡空港が改装中ですが、最新のキッズコーナーがとても楽しみです。

今から東京駅ですが東京駅ではどこで赤ちゃんを降ろせるのか、

探してみようと思います。

緊急のブログ更新でした。

今年もブログをお読みいただきありがとうございました。

皆様良いお年をお迎えください。

脳に関するあれこれ2016/12/28

先日伺った園で、園長先生より「面白いですよ」と教えていただいた新書を、図書館に借りに行きました。
鈴木大介「脳が壊れた」新潮新書、2016

ついでに脳に関する本を借りてきました。
池谷裕二「進化しすぎた脳ー中高生と語る大脳生理学の最前線」講談社ブルーバックス、2007
宮本省三「脳のなかの身体ー認知運動療法の挑戦」講談社現代新書、2008


おもしろかった。

「脳が壊れた」は、ルポライターの著者による脳梗塞の闘病体験。
リハビリで脳と身体のつながりが回復していく姿は
脳が発達していく乳幼児の姿と重なる部分もあり、
赤ちゃんや幼児の世界を内側から見ているような気持ちになります。
目の前の物に手を出したいけれども出せないときの体の動きや気持ちの描写は、
2、3か月の赤ちゃんと同じなのではないだろうか。
物事に優先順位がつけられず、周囲にあるものに振り回される姿は
「1歳半の壁」を乗り越える以前の子どもたちを内側から追いかけているよう。
外に出ると、矢印マークを追いかけたくなり、
クワガタの死体をポケットに入れる筆者の姿に、
あの子はこんな見え方、感じ方かも、と感じる場面も多々ありました。
ずっしりとくるのは妻との生活。
家族に苦しんでいる人にも、この本はお薦めかも。
保育者には、「愛しすぎる女たち」を薦めることがありますが、
愛しすぎる男たちに、「脳が壊れた」を薦めたい。

さて「脳のなかの身体」は、認知運動療法をわかりやすく紹介した新書。
手足が麻痺したとき、従来のリハビリでは、
手足の骨や関節や筋肉など、物理的な身体に働きかけていましたが、
認知運動療法は、脳機能の改変による運動機能回復を目指すのだそうです!
一方向からのリハビリから双方向のリハビリへの転換です。
「感覚と運動は分離できない」-「知覚するために動く」。
「自己の身体を知り、身体を介して外部世界を知る」と
身体に関する本質的な言葉が次々と目に飛び込んできます。

「進化しすぎた脳」は、対話形式で幅広く脳に関する基礎知識を扱います。
「動物相手に実験しているとわかるんだけど、
下等な動物ほど記憶が正確でね、つまり融通が効かない。
しかも一回覚えた記憶はなかなか消えない」。
人間の脳では記憶はほかの動物に例を見ないほど
あいまいでいい加減
なんだけれど、
それこそが人間の臨機応変な適応力の源にもなっているわけだ」。
「(脳は)汎化をするために、脳はゆっくりと、そしてあいまいに情報を蓄えていく」。
のように、話し言葉での説明なのでわかりやすい。

012歳児クラスはなぜ子どもの手の届くところに玩具を置き
いつも手が使える状態にしているのか、
保育ではなぜ運動や動き、食事や睡眠を重視するのか、
適切な保育を理解するには、脳や身体の生理学的な理解が必要だと常々思います。
心理学による「子ども理解」だけでは、実践の根拠として足りない。
保育では、心理×生理×生態の総合的な「子ども理解」が必要ですが、
学問領域を超えた科目は、教える教員がいないから設置自体が難しい。
保育は、前提とする学問領域が幅広すぎです。


片付けに困っています2016/12/13

初めて環境を通した保育へ変えたとき、
最も保育者が悩むのは、「片付け」のようです。

そこで、初めて子どもの手の届くところに玩具を置く園に向けて
日野の森保育園さんの玩具棚をご紹介したいと思います。

「保育とおもちゃ」「保育と絵本」の著者である瀧薫先生が、園長をお務めです。



このように、かごを使って棚を区切るようにすると、
0、1、2歳児クラスの大人は、片付けがしやすくなりますね。

積木や人形の数を子どもの様子を見て調整する
具材の大きさや数を調整することで
大人の大変さも変わるでしょう。

子どもは、最初は秩序を壊すことが仕事ですから、
その時期の大人は、適度な秩序感を環境につくることが仕事になります。
(決して砂漠や体育館のような完璧な秩序にすることではありません)

片付けを面倒がらない心の癖と、
秩序に対する感性は、幼児期までに着実に育みたいものです。

また、片付けで子どもは
数や大きさ・高さ・長さなどの数量感覚や
物の種類や名前を学習します。
分ける・並べる・順序づけるといった思考力の基礎も
片付けで、日々培うことができます。

片付けは、幼児にとって学習の時間。
「お片付け~」と号令をかけて、
ポイポイとごみのように箱に投げ込んで
あっという間に片づけてしまうのではもったいない。

効率的だけど、学習にならないゴミ箱型お片付け。
こんな状態は、子どもに「物は大切にしなくていいですよ」と
毎日メッセージを送っている感じがしますね。


ちなみに、日野の森保育園さんでは
345歳クラスになると、こんなに細やかに片づけていました。

幼児の根気強さ2016/12/02

乳幼児をどんな存在と捉えるか、それが保育の要(かなめ)。

乳幼児は、幼稚で未熟で大人より感受性が鈍く、
大人が指導しないと何もできないと捉えていると
その環境には、お菓子のような玩具が並び、
子どもを楽しませる保育か、指導する保育に偏りがちです。

反対に乳幼児の独自性を知り、子どもを信じる保育では、
子どもが創造性を発揮する環境が準備され、
子どもたちは自律的に行動し、生活の主役になります。

乳幼児の子どもは、大人とは異なるステージにいて、
その時期その時期に、特有の姿を見せます。

たとえば、年長児が見せる根気強さもその一つです。
その集中力と粘り強さには、大人はとてもついていけません。

表現活動にもそれは現れます。
あおぞら第2保育園さんの年長さんの絵。物語の想像画です。
「森は生きている」のラストシーン。女王と女の子が一緒に帰る場面です。
女王様に「急いで!」と言われ、急ぎ過ぎてそりが宙に浮いてしまっているのだそうです。


こちらはある園で、発表会の後に見せていただいた絵です。
なんとも細かい。

「保育内容演習環境」の授業では、
1歳、3歳、5歳の絵を、予想して描いた後、
実際に子どもが描いた絵の模写を行い、
腕や手指の発達、環境認識の発達等を講義しますが、
5歳児の絵を模写する段になると、
学生から「えーっ」と悲鳴のような声が上がります。


あさひがおか保育園の子どもたちが作った自分たちの園。
集中力と根気強さを感じますね。

かつて日本では、地域での遊びや家庭の生活で、
集中力や粘り強さを発揮できました。
今地域や家庭では、子どもは「お客様」として遇され、
地域での遊びも、家庭の手伝いも、経験しにくくなっています。
時間泥棒の種類も増えました。(私も危ない)

幼児が粘り強さを発揮できる
時間と空間の工夫を集めてみたいものです。

マルチ能力理論と環境の構成2016/11/17

保育者のもつ専門性を理論化するのが私の研究テーマ。
環境構成に続いて、対人援助の原則の理論化を進めています。
今は研究成果をモデル研修によって保育者が活用しやすい理論へと
洗練しているところです。

研究は、子ども・保護者・実習生や同僚との関わりがテーマなのですが、
なぜか環境構成についての意見が集中するのが、このスライド。

参考: トーマス・アームストロング、マルチ能力が育む子どもの生きる力、小学館、2002、ハワード・ガードナー、多元的知能の世界、日本文教出版、2003

自分とは違う他者を援助するのが保育者の役割。
子どもたちは、それぞれが保育者とは違う人生を生きていく。
人は、それぞれが異なる能力をもち、異なる強みをもっている。


それをわかりやすく説明するために、
子どもって興味が違いますよね、と図に例を一つ二つ書いています。
すると最後のアンケートで、
「多様な能力に合った多様な環境を準備したい」という
意見が多く見られます。

そこで、授業でマルチ能力理論図を使った環境構成の演習をしてみよう
と思いつきました。
学生時代に、発達に合わせた環境構成に加えて
興味関心に合わせた環境構成を体験しておくことで
教材研究の幅が広がるかもしれません。

保育実習室にある玩具や遊具、素材、
そしてカタログから
強みを伸ばす環境を考える演習がいいかも。


ああ、でもどの授業内容を削ることができるか、そこが問題です。
時間には限りがあり
何かを入れると何かを削らないといけない。

保育と同じですね。


武術研究家の甲野先生と対談2016/10/21

武術の研究家であり、動きの専門家である甲野善紀先生と、対談が実現しました。

・乳児期に腰を中心にした動きを封じ込められた子どもは、動きを上手く身につけられるのか?
・幼児期に本当に優先すべき運動はどのようなものか?
・緊張した体を育てる体育と、ゆるすぎる動きのお遊戯、・・・緊張と弛緩のバランスの良い体を育むには?
・保育者がもっと楽になる体の動し方のコツは?
など、甲野先生に伺ってみたい質問が山積みでした。

先生のご回答は・・・フレーベル館の「保育ナビ」2月号をご覧ください(笑)。
井桁容子先生×遠藤利彦先生が特にお薦め
こちらは11月号。


幼児期の運動というと、マットや鉄棒のような小学校の先取り体育を思い浮かべがちですが、
甲野先生は、道具を使うために体を動かす、火を見るためにしゃがむなど、
動きが必要な環境をつくることの重要性を強調されました。
まさに「小学校の先取り体育」から、「必要感に基づく運動」への視点の転換です。

甲野先生との対談は、立って動いている時間の方が長かったかもしれません。
先生が次々と繰り出す実技に対して、
対談後の編集部は、甲野先生を囲んで「ふしぎ」「どうして」と、大騒ぎになりました。

遠い昔の前足を、現代に生きる私たちは、なめらかに動く「手」として使っています。
この手を、虎拉ぎ(とらひしぎ)という動物が獲物を狙うような形にして、
四つ足のように動かすと、腹に力がこもり、普段はできない動きができます。
これで歩いたり階段を登ると、楽なのです。
階段を怪しい姿で登っている中年女性がいたら、私かもしれません(笑)。

また、ある手の形をつくると、心が鎮まり、腹が座り、
頭を殴られる真似をされても、ビクリともしないのです。
ほんとうに不思議!

甲野先生の最新の著書としては、
「甲野善紀と甲野陽紀の不思議なほど日常生活が楽になる身体の使い方
 日常動作を磨く77のコツ (DVDブック)」や
小関勲先生との共著「ヒモトレ革命 繫がるカラダ 動けるカラダ」があります。
「ヒモトレ」は、障がい児の療育、保育者の肩こりと腰痛防止に活用できそうです。

甲野先生は、「体育で最初に教えるべきことは転び方」ともおっしゃっています。
舗装された平坦な道しか体験できない地域では、
どのような環境を園内につくるべきか、ヒントをいただいた気がしました。
そこで「転ぶことを体験できる環境」を探してみました。

土がたっぷりと入れられた、かほる保育園さんの園庭は、でこぼこが満載。
泥の上を子どもは上手く歩きますが、私はすべって歩けません。
サッカーや集団遊びができる平らな園庭も、別に準備されています。


ゆうゆうのもり幼保園さんの天井に張り巡らされた大きなネット。
よつばいで渡る経験ができます。(大人はへっぴり腰になります)。


以前も紹介したたばる愛児園さんのホールにある巨大なマット。
安心して、わざと転ぶ子どもたちです。

保育室内にデコボコ空間をつくっている龍雲寺学園さんの工夫でした。