幼児の根気強さ2016/12/02

乳幼児をどんな存在と捉えるか、それが保育の要(かなめ)。

乳幼児は、幼稚で未熟で大人より感受性が鈍く、
大人が指導しないと何もできないと捉えていると
その環境には、お菓子のような玩具が並び、
子どもを楽しませる保育か、指導する保育に偏りがちです。

反対に乳幼児の独自性を知り、子どもを信じる保育では、
子どもが創造性を発揮する環境が準備され、
子どもたちは自律的に行動し、生活の主役になります。

乳幼児の子どもは、大人とは異なるステージにいて、
その時期その時期に、特有の姿を見せます。

たとえば、年長児が見せる根気強さもその一つです。
その集中力と粘り強さには、大人はとてもついていけません。

表現活動にもそれは現れます。
あおぞら第2保育園さんの年長さんの絵。物語の想像画です。
「森は生きている」のラストシーン。女王と女の子が一緒に帰る場面です。
女王様に「急いで!」と言われ、急ぎ過ぎてそりが宙に浮いてしまっているのだそうです。


こちらはある園で、発表会の後に見せていただいた絵です。
なんとも細かい。

「保育内容演習環境」の授業では、
1歳、3歳、5歳の絵を、予想して描いた後、
実際に子どもが描いた絵の模写を行い、
腕や手指の発達、環境認識の発達等を講義しますが、
5歳児の絵を模写する段になると、
学生から「えーっ」と悲鳴のような声が上がります。


あさひがおか保育園の子どもたちが作った自分たちの園。
集中力と根気強さを感じますね。

かつて日本では、地域での遊びや家庭の生活で、
集中力や粘り強さを発揮できました。
今地域や家庭では、子どもは「お客様」として遇され、
地域での遊びも、家庭の手伝いも、経験しにくくなっています。
時間泥棒の種類も増えました。(私も危ない)

幼児が粘り強さを発揮できる
時間と空間の工夫を集めてみたいものです。

マルチ能力理論と環境の構成2016/11/17

保育者のもつ専門性を理論化するのが私の研究テーマ。
環境構成に続いて、対人援助の原則の理論化を進めています。
今は研究成果をモデル研修によって保育者が活用しやすい理論へと
洗練しているところです。

研究は、子ども・保護者・実習生や同僚との関わりがテーマなのですが、
なぜか環境構成についての意見が集中するのが、このスライド。

参考: トーマス・アームストロング、マルチ能力が育む子どもの生きる力、小学館、2002、ハワード・ガードナー、多元的知能の世界、日本文教出版、2003

自分とは違う他者を援助するのが保育者の役割。
子どもたちは、それぞれが保育者とは違う人生を生きていく。
人は、それぞれが異なる能力をもち、異なる強みをもっている。


それをわかりやすく説明するために、
子どもって興味が違いますよね、と図に例を一つ二つ書いています。
すると最後のアンケートで、
「多様な能力に合った多様な環境を準備したい」という
意見が多く見られます。

そこで、授業でマルチ能力理論図を使った環境構成の演習をしてみよう
と思いつきました。
学生時代に、発達に合わせた環境構成に加えて
興味関心に合わせた環境構成を体験しておくことで
教材研究の幅が広がるかもしれません。

保育実習室にある玩具や遊具、素材、
そしてカタログから
強みを伸ばす環境を考える演習がいいかも。


ああ、でもどの授業内容を削ることができるか、そこが問題です。
時間には限りがあり
何かを入れると何かを削らないといけない。

保育と同じですね。


武術研究家の甲野先生と対談2016/10/21

武術の研究家であり、動きの専門家である甲野善紀先生と、対談が実現しました。

・乳児期に腰を中心にした動きを封じ込められた子どもは、動きを上手く身につけられるのか?
・幼児期に本当に優先すべき運動はどのようなものか?
・緊張した体を育てる体育と、ゆるすぎる動きのお遊戯、・・・緊張と弛緩のバランスの良い体を育むには?
・保育者がもっと楽になる体の動し方のコツは?
など、甲野先生に伺ってみたい質問が山積みでした。

先生のご回答は・・・フレーベル館の「保育ナビ」2月号をご覧ください(笑)。
井桁容子先生×遠藤利彦先生が特にお薦め
こちらは11月号。


幼児期の運動というと、マットや鉄棒のような小学校の先取り体育を思い浮かべがちですが、
甲野先生は、道具を使うために体を動かす、火を見るためにしゃがむなど、
動きが必要な環境をつくることの重要性を強調されました。
まさに「小学校の先取り体育」から、「必要感に基づく運動」への視点の転換です。

甲野先生との対談は、立って動いている時間の方が長かったかもしれません。
先生が次々と繰り出す実技に対して、
対談後の編集部は、甲野先生を囲んで「ふしぎ」「どうして」と、大騒ぎになりました。

遠い昔の前足を、現代に生きる私たちは、なめらかに動く「手」として使っています。
この手を、虎拉ぎ(とらひしぎ)という動物が獲物を狙うような形にして、
四つ足のように動かすと、腹に力がこもり、普段はできない動きができます。
これで歩いたり階段を登ると、楽なのです。
階段を怪しい姿で登っている中年女性がいたら、私かもしれません(笑)。

また、ある手の形をつくると、心が鎮まり、腹が座り、
頭を殴られる真似をされても、ビクリともしないのです。
ほんとうに不思議!

甲野先生の最新の著書としては、
「甲野善紀と甲野陽紀の不思議なほど日常生活が楽になる身体の使い方
 日常動作を磨く77のコツ (DVDブック)」や
小関勲先生との共著「ヒモトレ革命 繫がるカラダ 動けるカラダ」があります。
「ヒモトレ」は、障がい児の療育、保育者の肩こりと腰痛防止に活用できそうです。

甲野先生は、「体育で最初に教えるべきことは転び方」ともおっしゃっています。
舗装された平坦な道しか体験できない地域では、
どのような環境を園内につくるべきか、ヒントをいただいた気がしました。
そこで「転ぶことを体験できる環境」を探してみました。

土がたっぷりと入れられた、かほる保育園さんの園庭は、でこぼこが満載。
泥の上を子どもは上手く歩きますが、私はすべって歩けません。
サッカーや集団遊びができる平らな園庭も、別に準備されています。


ゆうゆうのもり幼保園さんの天井に張り巡らされた大きなネット。
よつばいで渡る経験ができます。(大人はへっぴり腰になります)。


以前も紹介したたばる愛児園さんのホールにある巨大なマット。
安心して、わざと転ぶ子どもたちです。

保育室内にデコボコ空間をつくっている龍雲寺学園さんの工夫でした。


巣鴨駅で絵本探し2016/09/30

夏の実習訪問の合間に、巣鴨駅へ絵本を探しに行ってきました。
巣鴨駅を出て目の前の大きな道路を左へ歩いて行くと、
5分ほどで福音館書店が見えてきます。絵本好きにはたまらない聖地です。

実はこの福音館書店の社屋の一階に、絵本の販売所があります。

出版されている福音館書店のハードカバーの絵本と、
「かがくのとも」等の月刊誌や「母の友」が購入できます。
ここで絵本を購入できるなんて、誰が思うでしょうか?

この看板がついている入り口から入ります。
昼休みと、土日はお休みなのでお気をつけください。


中はこんな感じ。四面に本が並べられています!(もうこれだけでワクワク)
福音館書店の現在出版されているハードカバーの絵本と、月刊誌が置かれています。

最近本屋さんでは保育に使う絵本を探すことが難しくなりました。
日本社会は高齢化が進んでいますが、本屋さんの絵本は年齢(出版年)が若い。
子どもを引き付け喜ばせるお菓子のような本が多く、心の栄養となる本を見つけることは難しい。
ここでは絶版だと思っていた本とも出合えます。


カウンターにあったぐりとぐら。
ここで声をかけて本を購入します。
「かがくのとも」や「こどものとも」などペーバーブックを7冊買って2,723円。
ちょっと得した気分です。

牛乳パックでぞうくんのさんぽ2016/09/21

紹介しなくちゃ、と思っているうちに9月後半になってしましました。

おはなし組木、「ぞうくんのさんぽ」
見るだけで、子どもが遊ぶ様子が想像できるでしょう?
浜松で初めてこの組木に出会ったとき、とても興奮しました。
重量感があるのもいいですね。

絵本は なかのひろたか「ぞうくんのあめふりさんぽ」福音館書店2006

私は、この組木をさわると、故森島文子さんの声で
「やあ、かばくん」と聞こえてきます。
語りって不思議。ずっと心に残っています。

自由に遊んでいいものですが、
遊び方の例は、作者の森島孝さんのでこぼこBLOGにもあります。

おはなし組木には、他にもおおきなかぶ、がらがらどん、など子どもたちになじみ深いお話が揃います。

このおはなし組木を、牛乳パックで手作りする方法が、「母の友」9月号に掲載されているそうです。
「母の友」福音館書店、2016.9
ちなみに「母の友」は、保育者の友である保育雑誌よりも内容が専門的です・・・はい、「母の友」は良い雑誌です。
9月号の「母の友」の購入は、お近くの書店やこどものとも社さんか、巣鴨駅の福音館書店直売部へ。


これは以前保育園で見せていただいたもの。手作りワークショップを行ったそうです。

保育者が一度演じてみせると、
子どもたちが何度も繰り返して遊べる、これがおはなし組木の魅力です。

保育実習室には、保育者や子どもが繰り返し演じるものとしては、
このおはなし組木しか置いていなくて手作りの人形を作る暇がないまま3年が過ぎました。
ついに手作りをあきらめ、ネットで手作り品を購入。お手玉人形等がやっと実習室に揃いました。

つくって下さった方、ありがとうございます。


わらべうたの布、手作りのテーブル人形、走り人形、ブラブラ人形、手袋人形など・・・。
ちょっと入れ方がごみ箱保育っぽい・・・人形たちごめんなさい。
こんな入れ方だと子どもが片づけにくく乱暴に扱うという見本になってしまいました。
また、どこかで入れ物を探してきます。

積木の研修会に参加してきました2016/09/10

和久洋三先生の積木研修があると教えていただき、8月の土日に参加してきました。
第2回遊びの創造教育全国大会~とことん積木で遊んでみよう」。会場は、駒込なかよし幼稚園さん。

基本コースの分科会で作ったグループ作品

和久洋三先生の講演、幼稚園・保育園の実践発表、高村明良先生、鈴木まもる先生の講演、積木で遊ぶ分科会が二回と、とても充実した研修内容でした。実は、和久先生のお話を伺うのは初めてです。生涯をかけて積木を追求し実践された先生です。限られた講演時間で何を語られるのか、とても興味がありました。

和久先生は、フレーベルの思想、和久積木の「つながるかたち」の意味、子どもを信じることなど本質的な内容を自然体で話をされます。フレーベルは積木によって世界の本質を伝え、子どもの最も美しい生命が湧き出てくると考えました。和久先生は、その本質を「関係性」「創造性」と表現されました。つながりと創造と調和で私たちの命が生まれ、宇宙が形作られている、すべてがつながりあい成り立っている、生きるとはそれだけで美しいことだと、フレーベルの本を読んだときのような感動を味わいました。

和久先生のお話と共に、深い思考に誘われたのは、東京都全国高等学校長協会の高村明良先生のお話でした。視覚障害のある小中高校生向けの科学イベントや、算数の授業で和久積木を使った授業実践から「さわってものを考える」ことについての講演です。
視覚に障害のある子どもが形を理解するとき、和久積木の立方体をさわり、そこで気づいたことを話してもらうと、「とがったところがある」、「ツンツンする」、「スーッとしているところがある」、「サラサラのところとザラザラのところがある」のように様々な表現をするそうです。さわることで環境を理解する、手を動かすことによって考える・・・。
ご自身も視覚障害をお持ちの高村先生は、積木をさわって会場に示しながら説明をされます。私は手のひらに積み木の感触を思い浮かべ、手を動かしながらお話を聞きました。この授業は、他の積木では成立しません。教材のもつ力を考えさせられる内容でした。

積木をつなげると辺が消えて、面がつながりをもつ。和久積木ならではですね。

赤ちゃんは、まず目にしたものを手にとろうとし、なめて、また見て、なめて、見てをくりかえして物を認識します。保育では、は突き出た大脳」、「幼児期は身体感覚が伴う経験が重要」など、さわることを重視した言葉がよくつかわれます。しかし、土や水などの自然物にさわる体験は重視していても、抽象化された具体物にさわる体験は、ほとんど意識していなかったかもしれません。パソコンやタブレットが一部の園では用いられ、視覚優位の学びも幼児教育に広がっています。匂いや音、手触り、ずっしりとした重さなど感覚の伴う学びが幼児期には必要です。
日本の教育では、直接体験・具体物の幼児教育から、抽象的な概念操作の小学校教育へといきなり大きな段差を登らせますが、幼児教育や小学校低学年の教育では、この段差を埋める教材が必要です。思い込みや偏見をもたずに多様な教材を探し、教材の本質を見極める姿勢が必要な気がします。

またアイマスクをつけたり目をつぶってさわる活動の際は、気づいたことを言葉にすることを促す、それも保育者の役割であると高村先生のお話から気づきました。あまりに感動したせいか、偶然にも帰りに高村先生とお会いし、電車までご一緒して直接感謝の言葉を伝えることができました。幸運でした。
 

そして、またまた幸運なことに、最後の抽選会でプレゼントが当たりました。(保育実習室にあります)。
充実した研修会に参加させていただきありがとうございました。保育内容環境の授業にこの学びを活かしていきたいと思います。分科会等でご一緒させていただいた皆様にも様々なことを教えていただきました。ありがとうございました。


教材庫の工夫2016/09/01

最近、保育園は新設と改築のラッシュです。
新築や改築した園へ伺ったときには、
保育者の方に「どこが使いにくいですか」と尋ねるようにしています。
するとけっこう出るのが、「倉庫」なんです。
倉庫が少なすぎる、遠すぎる、物の出し入れがしにくい等々。
そのために、ロッカーの上が物置になってしまう園も。
そこで今回は、倉庫・教材庫の工夫を集めてみました。


まずは、日野の森保育園さん。右に見えるドアが保育室に作られた教材庫です。
日野の森保育園さんの実践は、「新幼児と保育」4,5月号でご紹介しました。
絵本を共有体験としたプロジェクト保育では、素材の準備が重要。
たとえば上のクラスは「ジャックと豆の木」の絵本の世界で遊んでいますが、
子どもが豆をつくりたいと言い始めてから、緑の毛糸や紙を注文するのでは遅い。
絵本を読んでいるときから、教材庫に素材や道具の準備を始めるとのことでした。
横にスライドする引き戸で、物の出し入れがしやすそうです。


次は「環境構成の理論と実践」で写真の掲載が最も多いながかみ保育園さん。
子育て支援のお部屋ですが、左右に天井までの大きな倉庫があります。
どの部屋も、こんな感じで天井までの物入れが充実しています。


こちらは、今年開園したくだま第二保育園さん。
二つの保育室から出入りできる教材庫。
広くて、棚が多く、保育者がとても使いやすそうでした。


こちらは大徳学園さん。
保育室には、こどもたちの遊びの世界が広がっていますが、
それは、棚にカーテンをかけて目隠しをしているからこそ。
先生方が工夫して遊びのイメージが広がりやすいようにしています。


優れた幼児教育の実践で私たちを驚かせてくれる和光保育園さん(千葉)も、
各保育室に様々な収納が組み込まれています。
食事の前に壁からワゴンを引き出し、そこから自分で椅子を取り出す子どもたち。


最後はときわ保育園さん。
教材庫と、教材製作の場と、保護者の空間など多機能に使用できる空間がありました。


これまで見学させていただいた園のなかで
最も教材に関する空間が多かったのは、千葉の松の実保育園さんでした。
(すみません。写真はなしです)
コダーイ教育芸術研究所が出版した本に、数多くの実践を提供していらっしゃいます。
保育者が教材をつくる空間やお茶を飲む空間など、保育者のための空間も充実していました。

保育園では、同じ保育室のなかで
遊びと午睡と食事が行われることが多いため、
どんな素材を選び、それらをどの程度保育室内に出しておくかが、
子どもと保育者の暮らしの質に直結します。
また、保育者の労働の質と量にも影響します。

そのため、保育園は幼稚園よりも、
教材庫の機能性が重要になるかもしれません。
アトリエやレストランなど、機能別空間の確保で、
暮らしの質を保障する方法もあります。

新しい「幼稚園教育要領」のたたき台には、
教師の役割に「教材研究」が示されています。
子どもがイメージを広げ、創意工夫ができ、
深い学びを促す素材と道具選び、
そして教材庫が、今後ますます重要になりそうです。

保育の実践記録を募集中2016/08/12

同じ時期に小学館と学研から、保育実践の記録と共有に関する本が出ました。



森眞理(著) 「子どもの育ちを共有できるアルバムーポートフォリオ入門」 小学館、2016.4
秋田喜代美・神長美津子(監修) 「園内研修に活かせる実践・記録・共有アイディア~『科学する心』をはぐくむ保育」 学研プラス、2016.4
送られてきた2冊は表紙の雰囲気がずいぶん違います。
表紙の好みで選ぶと自分に合う本を選べると思いました。

ピンクの本の元ネタであるソニーの幼児教育支援プログラムでは
8月15日から9月13日まで論文を募集しています。
テーマは、「科学する心を育てる~豊かな感性と想像性の芽生えを育む~」です。
対象は、幼稚園・保育所・認定こども園(おもに3~5歳児の活動)

小学館の「新幼児と保育」でも、「わたしの保育記録」を募集中。
保育に関する実践記録エッセイの募集です。
対象は、幼稚園・保育所・認定こども園・児童館・特別支援学校・乳児院などの保育者。
締切は9月9日です。

このような実践の募集によって、
現実とファンタジーの世界を行き来する幼児期独特の実践や、
幼児の世界から現実の世界へと誘う実践など
多様な実践を読むことができるようになりました。

今年も素晴らしい実践を読めることが楽しみです。

教材や活動選択の根拠2016/08/04

ゼミの学生たちが絵本を選ぶブログを読んで、
選択の基準ってあるのでしょうか?」と質問をいただきました。

私が園を見学させていただくときに必ず写真を撮るのが各クラスの絵本棚です。
各クラスの絵本棚には、そのクラスの保育内容が現れます。


また、絵本棚には、保育の専門性も現れています。
よく勉強している先生は、絵本棚に置く本のバランスが見事。

でも、何千冊とある絵本、
それも学童向けや大人向け絵本も多いなかで
選ぶのは難しいですね。

保育は、教材を体系化した教科書や
教師向けのガイドもなく、
保育者の自由度がとても高い仕事です。
保育者にもし専門性がなければ、
「私がいいと思うから」「私が好きだから」と
自分の好みや主観で教材を選ぶことになります。

極端な例ですが、その昔、先生の好みで、
キャンディーズの歌ばかり歌わせるクラスがありました。
親なら何の問題もないけれど、園の場合はちょっとまずい。
また「子どもを喜ばせたい」と偏ったメニューを作る栄養士
がいたら困りますね。

保育者は、大切な子どもたちを預かり
大切な乳幼児期の教育を行うため、
園でどんな教材を選ぶか
どの活動を優先するか、
専門職として選択の基準があります。

保育には、
「遊びを通して行う」「環境を通して行う」という
二つの大原則があります。

その他に方法原理として、
「発達の原理」
「経験の原理」
「自発性(主体性)の原理」
「個性化の原理」
「関係性の原理」
「相互作用の原理」
など、研究者によって分け方が異なりますが原則があります。
そしてこれらは、指針の「保育の原理」や、要領の「幼児教育の基本」に
文章で示されています。

園での時間には限りがあります。
そのため保育者は、
発達に合うもの、直接体験、身体感覚が伴うもの
自発的・主体的な活動、一人ひとりの個性が発揮できるもの、
人や物との関わりが生じるものなど、
保育の原理に合ったものを優先することになります。

指針の保育の目標には
「子どもが現在を最も良く生き、
望ましい未来をつくり出す力の基礎を培うために」
とあります。

大人が提供する文化である絵本や歌も
繰り返しその文化にふれることで何を経験するのか、
その後、どんな遊びが広がるのか、
そこで子どもたちがどんな価値を身につけるのかを
保育者は想像して選ぶことになります。

保育環境の研究でも、
意図的に環境を構成している園では、
保育者に「なぜこの人形ですか」
「なぜこの絵本ですか」と質問すると、
専門知識に基づいて根拠を説明することが特徴的でした。
「なぜ、その絵本ですか?」と尋ねられたときに、
「子どもが喜ぶ、好き、うける」以外の根拠がどれだけあるか、
そこが保育の専門性だとインタビューで学ばせていただきました。

でも最初は、
この本がこの発達段階の子どもに合っている
なんてわからなくて当然ですから、、
学生には、まずは学習を薦めています。
「保育と絵本」(瀧薫)など質の高い参考資料を読むことや
こどものとも社のカタログの年齢別お薦め絵本を参考にして
絵本をまずは読んでみることを薦めています。

こんな感じで質問の答えになったでしょうか?
ご質問、ありがとうございました。

研修の環境構成2016/07/17

仕事柄、ホテルに泊まっても、お店でご飯を食べていても、気になるのが環境構成。
ホテルでゆったりと朝食、なんてときにも、
「ここの動線を変えると人の流れが変わるなあ・・・」、
「あそこは並びなさいというアフォーダンスだな」
なんてブツブツ思い、くつろげません。(人のことはよくわかる、悪い癖です)

最近、写真を撮り始めたのが、研修会場の環境構成です。
職務から離れた集合研修は、翌日からの学びと保育の質向上のきっかけ。
全員が目を通すであろう研修案内の内容が、すでに研修です。
研修受講者への思いをもって運営されている研修会は、
入口の案内、イスの距離や向き、演台の位置、空調や照明など環境の構成に気を配っています。
保育室に保育者の思いが現れるように、研修会場にも運営者の思いが現れます。

ある市では、運営を担当する方が無認可の園にも案内を配り、
当日は、参考資料とともに
先生方の手作り玩具が会場にずらりと並べられていて、
(地域全体の保育の質を高めていこう)という責任感の強さに感動しました。
休憩時間には、それらの写真を撮る先生方が多くいらっしゃいました。
(私は写真を撮り損ねました。開始前に撮っておけばよかった・・・)
来場者への心遣いにあふれる研修運営にふれると、会場を後にしてからも感動が心に残ります。

ロビーのウエルカムボード。大分のこどものとも社さんの研修会です。


種類別に並べた玩具やごっこ遊びのコーナー、保育環境の写真の展示もありました。


保育環境を改善するために必要な資料を並べていただいています。

研修は、翌日からの保育を変えるきっかけです
研修講師にできることは、専門職として専門性を自ら高める、そのお手伝いにすぎません。
そのため、研修で新しい人、新しい参考資料と出合うことが欠かせません。
研修内容に関連する参考資料は、研修会場で参加者が手に取って選び、持ち帰れるようにしたいものです。

様々な園の先生方が出合い交流するつながりをつくる工夫は、日本保育協会さんの研修会が参考になります。
300人や500人の研修会であっても、講師には演習を必ず入れるように依頼があります。
司会の方が、講義開始前にお互いの自己紹介を促して、場をあたためてくれることもありがたい。
研修で人がつながりあい、お互いに高め合うことを大切にした運営を行っておられます。

私も、自分が講演会を運営するときには、本屋では目にしにくい参考資料を会場に並べました。写真は16年前。
 保護者向けの「子育てが楽しいまちってどんなまち?」講座で、会場に情報を展示しています。


「私たちひとりひとりにできること」を参加者にポストイットに記入してもらい、報告書を作成し関係各所へ配布しました。

研修会の主役は、参加者。
運営者と講師は、参加者のエンパワメントをめざして講座をつくります。
保育者が、子どもと保護者のエンパワメントをめざしていることとも似ています。 

研修内容は、翌日からの保育の質を高める内容と方法を考えます。
保育で、絵本や新しい活動を提供する際には、
子ども自身の経験と、翌日からの遊びへの影響を考えることと同じです。

研修参加者への思いを、研修運営として展開する先生方は、
きっと子どもの保育でも、同じように思いを形にしていらっしゃるのだろうと想像します。