赤ちゃんとのやりとりを増やすしかけづくり2018/06/03

今、園のあちこちに、スマホの置き忘れがあると聞きました。
子どもの送り迎えの時間にも、親は、スマホを手に持っているそうです。
退勤しても、メールで仕事が追いかけてきているのかもしれません。
子育て中でも、SNSやゲームに、はまってしまった人もいるでしょう。

親がスマホに気持ちをとられている状況は、
親との関わりを求め、
それによって脳をつくり、コミュニケーションを学ぶ
乳幼児期の子どもには、よいこととはいえません。

家庭で、親に気持ちを向けてもらえない子どもが増えると、
集団の保育は、崩壊に向かいます。
親に心を向けてもらうことが少ない子どもは、情緒が不安定になります。
愛情を求めて保育者を独占しようとする子が増えると、
さまざまな活動が難しくなります。
子どもの情緒が著しく不安定であると、保育者は疲弊します。

では、保育者として何をするか、何ができるか

保護者に直接、
「朝は、スマホをカバンに入れて、子どもに心を向けてください」とか、
「お迎えのときは、子どもの目を見て、「ただいま」と抱きしめてください」とか、
「〇〇ちゃんは親御さんとの関わりを求めています。もっと関わってください」とか言うと、
トラブルになりかねません。

園見学や、入園を決定する前の説明の際に、
保護者に、保育者と子どもの対数を説明し、園では行き届かない部分もあること。
子どもは、親を最も愛し、親の関わりを求めていることを伝え、
朝夕の数時間だけは、テレビを消し、スマホから目を離し
子どもに目と心を向けてほしいことを
お話ししておくことが必要であると思います。

また入園後も、保護者が関わりたくなるようなしかけをつくります。


保護者を迎える玄関や、保護者の通り道に、保護者向けの本を置いている園は多いと思います。
写真はまちの保育園六本木。


こちらに、こんな本を置いてみてはどうでしょうか。

赤ちゃんの脳をつくる親と保育者の話しかけ」と、朝夕目にするだけで、
つい子どもに話しかけたくなるのではないでしょうか。
子どもを健やかに育てたいという気持ちは、どの親ももっています。


帯を外しても、視線を集める効果があるかもしれません。


保育園を、「ただ子どもを預かってくれるだけ」と思って
園に預けた保護者は、
保育者が読む本の質に、きっと驚くでしょう。

どんな情報を目にしているか、
どんな人と接しているか、
どんな場にいるかによって、
人は行動が変わります。

これも、環境を通して行う保護者支援の一つと考えられます。

親に心を向けられ、あたたかな言葉をかけられる子どもが増えますように。

子育て支援の環境づくり2018/06/25

エイデル研究所から、本が出ました。

高山静子「子育て支援の環境づくり」エイデル研究所、201806
子育てひろばと、一時預かりの環境づくりがメインです。

これまで冊子や報告書として出してきた原稿をまとめました。
冊子でもいいんじゃないか、と思っていましたが、
エイデルの長谷さんが「必要です。出しましょう!」とキッパリ。
未就園の親子のための子育て支援の場(ひろば・一時預かり)の
空間づくり、玩具選び、スタッフの役割
等、冊子のエッセンスを、コンパクトにまとめました。
(一部の冊子は、浜松の未来を育てる会、ここみ広場で購入できます)。

子育てひろばは、かつての道ばたのような
子どもを遊ばせながら親同士がおしゃべりをする場です。
一つ違うのは、スタッフがいること。

スタッフがいることで、
赤ちゃんを育てはじめた保護者が、
自然と人間のなかで子育てをして、
わが子とほどよい関係をつくり、
場と仲間と情報を得て、
子育ての環境をよりよく変えていく、
そういった方向性をもたせることができます。

今全国に、地域子育て支援拠点(ひろば)が、
7千箇所ほどありますが、
物理的な環境が不十分な場が多いと感じています。

環境が不十分な場では、
赤ちゃんとその保護者の利用が少なく、
イベント以外の日の利用者が少なくなります。

子育て支援の機能を果たせているかどうかは、
赤ちゃんがどれだけ利用しているか、
イベント以外の日の利用者数、
地域の未就園児童の何割が登録利用しているか、
で確認できます。

空間や玩具が適切に準備されていると、、
子どもの自然な遊びを知ってもらうことができ、
子どもを安心して見守りながら、親同士で情報交換をすることができます。
適度な距離感があることで、、
やりとり(二項関係・三項関係)も生まれます。

反対に、環境が不十分だと、
支援者は、対応に忙しくなり、
ちょっとした相談を受けたり、
親子関係の支援をすることができません。

環境構成が行われていない園では、
保育者が、子どもへの指示や指導に忙しすぎて、
ていねいな関わりが生じにくいことと同じです。

保育園も、子育て支援センターも、
まずは、物理的な環境づくりを。

これで、環境構成がひとまず終了しました。
次は、関わりの総まとめに入りたいと思います。