自然のなかで育つ保育を広げる団体2018/12/21

今年は、自然保育、森の保育に関する本の出版が続きました。
自然のなかで育てる団体、子どもと自然をつなぐ団体の活動も盛んです。
(つながっているのにつなぐは変ですが、つなげないとつながらないので)

今回は、それらの団体を紹介します。
(出会いの新しい順にご紹介)

森のムッレ協会


本当の団体の名前は、日本野外生活推進協会なんだそうです。
スウェーデン野外生活推進協会とのライセンス契約によって
日本の活動を推進しています。
森のムッレ協会新潟と櫻井慶一先生が、今年本を出版されました。


日本自然保育学会
保育者を養成する教員が保育の質へ及ぼす影響は大きい。

大会では、研究発表もあります。


国土緑化推進機構

このホームページから、子どもと森をつなぐ様々な団体へ飛ぶことができます。


国土緑化推進機構編集の本です。


園庭・園外での野育を推進する会
ホームページの文字や写真に、野性味があふれていますね。


森のようちえん全国ネットワーク連盟
全国交流フォーラムは、もう14回目なんだそうです。


団体ではありませんが、最後にふれたいのは、
自然と子どもをつなぐ保育を広めた、さくら・さくらんぼ保育園。
水・土・泥、自然物と遊ぶ、高低差のある園庭づくりなど、
農業国らしい保育を創造し、全国に影響を及ぼしました。

今年も、大気の汚染と、温暖化による異常気象で、
保育者が子どもを外へ出せない日がありました。
全国の園庭に木を植えれば、
それらから子どもたちを守ってくれるのではないでしょうか。
全国の園長がその気になれば、
「子どもの徒歩圏内に森のある日本」が生まれるかもしれません。

コメント

トラックバック