赤ちゃんとのやりとりを増やすしかけづくり2018/06/03

今、園のあちこちに、スマホの置き忘れがあると聞きました。
子どもの送り迎えの時間にも、親は、スマホを手に持っているそうです。
退勤しても、メールで仕事が追いかけてきているのかもしれません。
子育て中でも、SNSやゲームに、はまってしまった人もいるでしょう。

親がスマホに気持ちをとられている状況は、
親との関わりを求め、
それによって脳をつくり、コミュニケーションを学ぶ
乳幼児期の子どもには、よいこととはいえません。

家庭で、親に気持ちを向けてもらえない子どもが増えると、
集団の保育は、崩壊に向かいます。
親に心を向けてもらうことが少ない子どもは、情緒が不安定になります。
愛情を求めて保育者を独占しようとする子が増えると、
さまざまな活動が難しくなります。
子どもの情緒が著しく不安定であると、保育者は疲弊します。

では、保育者として何をするか、何ができるか

保護者に直接、
「朝は、スマホをカバンに入れて、子どもに心を向けてください」とか、
「お迎えのときは、子どもの目を見て、「ただいま」と抱きしめてください」とか、
「〇〇ちゃんは親御さんとの関わりを求めています。もっと関わってください」とか言うと、
トラブルになりかねません。

園見学や、入園を決定する前の説明の際に、
保護者に、保育者と子どもの対数を説明し、園では行き届かない部分もあること。
子どもは、親を最も愛し、親の関わりを求めていることを伝え、
朝夕の数時間だけは、テレビを消し、スマホから目を離し
子どもに目と心を向けてほしいことを
お話ししておくことが必要であると思います。

また入園後も、保護者が関わりたくなるようなしかけをつくります。


保護者を迎える玄関や、保護者の通り道に、保護者向けの本を置いている園は多いと思います。
写真はまちの保育園六本木。


こちらに、こんな本を置いてみてはどうでしょうか。

赤ちゃんの脳をつくる親と保育者の話しかけ」と、朝夕目にするだけで、
つい子どもに話しかけたくなるのではないでしょうか。
子どもを健やかに育てたいという気持ちは、どの親ももっています。


帯を外しても、視線を集める効果があるかもしれません。


保育園を、「ただ子どもを預かってくれるだけ」と思って
園に預けた保護者は、
保育者が読む本の質に、きっと驚くでしょう。

どんな情報を目にしているか、
どんな人と接しているか、
どんな場にいるかによって、
人は行動が変わります。

これも、環境を通して行う保護者支援の一つと考えられます。

親に心を向けられ、あたたかな言葉をかけられる子どもが増えますように。

小学館から新刊が出ます2017/05/12

最近更新ができていませんが、いつも読んでくださる皆様、
本当にありがとうございます。
コメントへの対応が追いつかず、
現在、コメント欄を一時的に閉めています。
申し訳ありません。

さて、小学館で「新幼児と保育」「012歳児の保育」の
4年間の保育環境シリーズが本になります。5月17日発売予定。
タイトルは、「学びを支える保育環境づくり」です。

できたて、ほやほやの本。

書店に並ぶ保育雑誌のなかで、初めて、
壁面製作とは異なる子どもが主体的に関わるための環境の構成」を
連載として取り上げたのが、小学館の「新幼児と保育」でした。
これは、保育雑誌に大きな影響を受けている保育界にとって
画期的な出来事だったと思います。


「新幼児と保育6・7月号」、小学館、2017年5月

6・7月号は、「まちをつくる子どもたち:あんず幼稚園の実践」(DVD:28分)が注目です。
「保育制度・政策情報/解説:指針と要領改訂のポイント」はわかりやすい。
本屋では、すぐに売り切れるので、なかなかお目にかかれません。

これまでも、「エデュカーレ」(汐見俊幸編集)、
「げんき」(エイデル研究所)などには、
専門性が確保された保育内容が掲載されていましたが、
それらの雑誌は、店頭で手に取ることができませんでした。

今、私は多くの園を見学させていただいていますが、
工夫された環境と、優しい笑顔の先生方を見るたびに、
(保育の現場にいたときに、他の園をもっと見たかった)と思います。
現場にいたときには、環境を構成したくても、構成の仕方がわからなかったんです。

「学びを支える保育環境づくり」はオールカラーです。
家でゆっくりとお茶を飲みながら、
旅行雑誌をながめるような気分で園の写真をながめる、
あるいはクラスの保育者たちで
本を囲んでワイワイとながめていただければと思います。

勉強好きの皆さんを頭に思い浮かべながら、
コラムには最新の学習理論や幼児教育に関するトピックを入れました。
園に子どもを預けている保護者の方は、読んだ後に、
「間違えて、先生向けの本を買っちゃいました」と、
園の先生へのプレゼントに使ってください(笑)。

環境を変えれば、保育が変わります。
質の高い保育を受けられる子どもたちが、どうか増えますように。。。


と書いたところで、保護者向けの雑誌、「プレジデントBaby」が送られてきました。
「プレジデントBaby」、プレジデントムック社、2017年4月発行

保育園の紙上見学会は、いつもながら詳細です。
「科学的に正しいしつけ・声かけ」は、「学力の経済学」の中室牧子先生。
どの記事も、保育雑誌よりも、内容が専門的で、文字量が圧倒的に多い。
・・・う~ん、保育雑誌、がんばれ~!!

保育の実践記録を募集中2016/08/12

同じ時期に小学館と学研から、保育実践の記録と共有に関する本が出ました。



森眞理(著) 「子どもの育ちを共有できるアルバムーポートフォリオ入門」 小学館、2016.4
秋田喜代美・神長美津子(監修) 「園内研修に活かせる実践・記録・共有アイディア~『科学する心』をはぐくむ保育」 学研プラス、2016.4
送られてきた2冊は表紙の雰囲気がずいぶん違います。
表紙の好みで選ぶと自分に合う本を選べると思いました。

ピンクの本の元ネタであるソニーの幼児教育支援プログラムでは
8月15日から9月13日まで論文を募集しています。
テーマは、「科学する心を育てる~豊かな感性と想像性の芽生えを育む~」です。
対象は、幼稚園・保育所・認定こども園(おもに3~5歳児の活動)

小学館の「新幼児と保育」でも、「わたしの保育記録」を募集中。
保育に関する実践記録エッセイの募集です。
対象は、幼稚園・保育所・認定こども園・児童館・特別支援学校・乳児院などの保育者。
締切は9月9日です。

このような実践の募集によって、
現実とファンタジーの世界を行き来する幼児期独特の実践や、
幼児の世界から現実の世界へと誘う実践など
多様な実践を読むことができるようになりました。

今年も素晴らしい実践を読めることが楽しみです。