武術研究家の甲野先生と対談2016/10/21

武術の研究家であり、動きの専門家である甲野善紀先生と、対談が実現しました。

・乳児期に腰を中心にした動きを封じ込められた子どもは、動きを上手く身につけられるのか?
・幼児期に本当に優先すべき運動はどのようなものか?
・緊張した体を育てる体育と、ゆるすぎる動きのお遊戯、・・・緊張と弛緩のバランスの良い体を育むには?
・保育者がもっと楽になる体の動し方のコツは?
など、甲野先生に伺ってみたい質問が山積みでした。

先生のご回答は・・・フレーベル館の「保育ナビ」2月号をご覧ください(笑)。
井桁容子先生×遠藤利彦先生が特にお薦め
こちらは11月号。


幼児期の運動というと、マットや鉄棒のような小学校の先取り体育を思い浮かべがちですが、
甲野先生は、道具を使うために体を動かす、火を見るためにしゃがむなど、
動きが必要な環境をつくることの重要性を強調されました。
まさに「小学校の先取り体育」から、「必要感に基づく運動」への視点の転換です。

甲野先生との対談は、立って動いている時間の方が長かったかもしれません。
先生が次々と繰り出す実技に対して、
対談後の編集部は、甲野先生を囲んで「ふしぎ」「どうして」と、大騒ぎになりました。

遠い昔の前足を、現代に生きる私たちは、なめらかに動く「手」として使っています。
この手を、虎拉ぎ(とらひしぎ)という動物が獲物を狙うような形にして、
四つ足のように動かすと、腹に力がこもり、普段はできない動きができます。
これで歩いたり階段を登ると、楽なのです。
階段を怪しい姿で登っている中年女性がいたら、私かもしれません(笑)。

また、ある手の形をつくると、心が鎮まり、腹が座り、
頭を殴られる真似をされても、ビクリともしないのです。
ほんとうに不思議!

甲野先生の最新の著書としては、
「甲野善紀と甲野陽紀の不思議なほど日常生活が楽になる身体の使い方
 日常動作を磨く77のコツ (DVDブック)」や
小関勲先生との共著「ヒモトレ革命 繫がるカラダ 動けるカラダ」があります。
「ヒモトレ」は、障がい児の療育、保育者の肩こりと腰痛防止に活用できそうです。

甲野先生は、「体育で最初に教えるべきことは転び方」ともおっしゃっています。
舗装された平坦な道しか体験できない地域では、
どのような環境を園内につくるべきか、ヒントをいただいた気がしました。
そこで「転ぶことを体験できる環境」を探してみました。

土がたっぷりと入れられた、かほる保育園さんの園庭は、でこぼこが満載。
泥の上を子どもは上手く歩きますが、私はすべって歩けません。
サッカーや集団遊びができる平らな園庭も、別に準備されています。


ゆうゆうのもり幼保園さんの天井に張り巡らされた大きなネット。
よつばいで渡る経験ができます。(大人はへっぴり腰になります)。


以前も紹介したたばる愛児園さんのホールにある巨大なマット。
安心して、わざと転ぶ子どもたちです。

保育室内にデコボコ空間をつくっている龍雲寺学園さんの工夫でした。


保育が載ってる保育雑誌2016/01/24

最近、「保育が載ってる保育雑誌」としてご紹介しているのが、
エイデル研究所の「げんき」です。


字が多い、というより字ばかりの珍しい保育雑誌です。
そのなかで、カラー写真のページが一部だけあります。



「保育とおもちゃ」「保育と絵本」の著者である瀧薫先生の連載。
絵本の読み聞かせから、
子どものこんなつぶやきが聞かれて、
こんな遊びが生まれて、
環境をこう工夫したら、
遊びがこんな風に広がりました。
といった感じで、
継続的な保育の実践が載っているのです。




各園では素晴らしい実践が積み重ねられています。
でも園の先生方は、他園の実践を見聞きする機会はなかなかありませんよね。
私も保育士の頃、他の人たちはどうやっているんだろうと
実践記録が載っている本をいつも探していました。

ポートフォリオの「書き方」は、
雑誌で取り上げられていますが、
そこに記録された保育の中身は
なかなか紹介されません。

雑誌には、造形、手遊び、歌遊び、運動、
パネルシアター、エプロンシアターなど
環境構成が不要で、
その時間だけで完結する
ノウハウ的な活動が掲載しやすく、
環境構成が必要で、
継続的で子どもが創意工夫して発展する
協同的な学びが生じる保育実践
紹介することが難しいのです。
4月号の記事を作るのは1月頃ですから、
季節のずれの問題もあります。

保育雑誌が保育現場に与えている影響は
保育の研究者より大きいのではないでしょうか。
保育雑誌が質の高い保育を掲載できるように応援したいと思います。

さて、「『げんき』はどこで買えますか?」と聞かれるのですが、
書店で注文するか、
エイデル研究所のホームページから問い合わせメールを送るか、
幼稚園か保育園の先生は、こどものとも社に頼めばよいそうです。

月末は、研究会のメンバーで瀧先生の園へ訪問します。
先生方、どうぞよろしくお願いいたします。

チームの力を最大限に伸ばすには2015/12/12

保育ナビ
『園の未来をデザインする 保育ナビ』 2016年1月号 フレーベル館

表紙につられて思わず笑ってしまいます。
表紙は小西貴士さんの写真。事務室に思わず飾りたくなりますね。


「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を立ち上げ多くの人を支援された西條剛央先生から
目的に向かって自律的にしなやかに動くチームづくりをテーマにお話を伺いました。
さっそく感想を送って下さったO先生ありがとうございました!

『保育ナビ』は、制度、園経営、人材育成など
園のマネジメントに強みをもつ雑誌です。
私は『保育ナビ』と『遊育』、各省庁のホームページで
制度の勉強をしています。(でもそれでもついていけてないですが)

園児が完食できるお弁当2015/08/21

『エデュー』の今月号の付録は、「ママはがんばらなくてもOKの園児が完食できるお弁当のアイデア100」
育児雑誌の記事は、けっこう驚くことが多いのですが、この付録の内容にも驚きました。


「子どもの好きなおかずだけでOK!」
「好き嫌いを克服させなくてOK!」
「たくさん食べさせようとしなくてOK!」
こんなアイディアが100載っています。
ママも、幼稚園の先生方も、肩の力がぬけそうです。


よく勉強している私立の保育園では、食事場面や生活の援助の仕方が、昭和の保育とは全く変わりました。
ゆったりとした食事場面や、一人ひとりに合わせて行う丁寧な排せつの援助を拝見するたびに、先生方の保育の専門性に感心してしまいます。(012歳の生活の援助を変えたい方は、吉本和子先生の「乳児保育」をお勧めします)


小学館の幼児の保護者向け雑誌「eduエデュー」2015、9・10月号
いつもながら保護者向けの雑誌は、先生向けの雑誌よりも、内容が専門的です(・・・。)
今月号の幼稚園・認定こども園の教育実践も詳しいです。


「保育の友」に書評2014/10/16

聖隷クリストファー大学の細田直哉先生が、雑誌「保育の友」(全国社会福祉協議会編、2014年9月号)「環境構成の理論と実践」の書評を書いて下さいました。アップするのが遅くなってしまいましたが、9月号に掲載されています。もしも定期購読をされている方がいらっしゃいましたら、お目通しをいただければと思います。


8月、9月は、保育実習の訪問と、保育実習室の備品・消耗品選びに夢中でした。改めて研究室で読み返し、(こんなに素敵な書評を書いていただけて、ありがたいなあ、うれしいなあ、私は幸せだなあ)、とニコニコしながら大学の廊下を歩いていて不審な顔をされました。。。




「美しい本です」と、評していただきました。保育環境の美しさは、保育者の心根の美しさでもあります。保護者に対するあたたかな思い、子どもたちに対する真摯な思い、それらが現れているのが、保育環境。
だから、写真一枚で感動を呼ぶのだと思います。


乗り越える力を育む2014/09/24

最近、パソコンの調子が悪く、書いたブログを保存しようとすると無線スイッチがオフになり、なかなか書き込めません。何度同じブログを書いていることやら。今回はアップできるでしょうか。

エイデル研究所から、今月の「園と家庭をむすぐげ・ん・き」が送ってきました。チラッと広げてみたら、すべての仕事を投げ出して最後まで読んでしまうほどおもしろい。編集者にすぐに、「今月号最高!ブログに紹介させて」と話しました。そしていつものごとく、「どうして、こんなにいい雑誌が本屋に平積みになっていないの」と。

私が何に盛り上がったかというと、まず最初の近藤卓先生の「乗り越える力をはぐくむー乳幼児期の育ちと自尊感情」です。赤線と書き込みが、びっしりになりました。


PTG(ポストトラウマティック・グロウス:心に傷を負うような経験の後で成長すること)の概念の説明と、それを引き起こす条件として、ソーシャルサポート、価値観、パーソナリティ、レジリエンス、曖昧性耐性、基本的自尊感情があることの説明が続きます。乳幼児期の適切な保育が、生涯をたくましく生きる土台となることを読み取ることができます。最新の理論が14ページも読めるなんてとてもぜいたく。合わせて、フレーベル館「保育ナビ」の汐見先生のフラッシュカードに関するエッセーを読むのが私のお勧め。

次の赤西雅之園長先生のお話も、今月はたっぷりと実践の話。日頃の保育の実践と保護者支援、連携の実践が目に浮かぶようにつづられています。ここまで詳しいと、自分もやってみようと思う方が多いかもしれません。

「これだよ!これ!」、「こういう記事が毎月どの保育雑誌にも載れば、どれだけ保育の質が上がるだろう」とブツブツ言いながら読んだのが、瀧薫先生の「保育と月刊絵本」です。一冊の絵本から、子どもたちの遊びがどのように展開していったか、一週目、二週目、三週目、四週目とカラー写真を交えて描かれています。



私が保育者だったとき、字ばかりの実践記録を読みそれを想像しては真似したものでした。カラー写真で子どもたちが遊ぶ姿を見ることができるなんて、なんて良い時代でしょう。

幼児期の遊びは継続的なもの。そのため、取材することも、記事としてまとめることも難しい。「○○を作ろう」、「○○のうた遊び」のように、その場だけ、その時間だけで完結するものは雑誌に掲載しやすい。でも、保育の質を高めることができる記事は、子どもたちが展開する遊びの実践です。

保育雑誌の真似で全国の園の壁に同じものが張られているのですから、保育雑誌が保育内容に与える影響はとても大きいと感じています。子どもの発達と保育の原理に基づいた保育実践と、実践を支える理論が毎月紹介されていき、保育者が専門性に基づいた保育雑誌を選ぶようになれば、日本の保育の質はきっと変わるだろうと希望を抱きました。

アフォーダンスと保育の環境2014/05/26

アフォーダンスの研究者、細田直哉先生(聖隷クリストファー大学)と、保育環境について対談しました。

「保育における環境構成とアフォーダンス」『げんき』No143、エイデル研究所、2014
143号のテーマは、「子どもの育ちと保育環境」


対談は、研究会の前に教室で行いました。対談を読んだ家族からは、細田先生の真摯で誠実な姿勢に対して、私の座り方が「偉そう」と批判が。え~そうなの~? 私は、自分の写真を見たときに(肩が上がって胸をすぼめて、えらく緊張した姿勢をしているな。いくつになったら人と話をするのに緊張しなくなるんだろうか)と、思っていたのに。「知らない人が写真を見たら偉そうな人に見える」と言われてびっくり。


でもまあ写真は抜きにして、中身はとても濃い内容です。
「子どもは『心』だけで生きているのではありません。『心身』まるごとで『環境』にかかわり、『環境』を自分の一部としながら発達しています』といった珠玉のような細田先生の言葉が並びます。
18ページに渡る対談の内容は、環境構成に長く取り組んでこられた先生方にもきっと満足いただけるのではないかと思います。普段、研究会でおしゃべりしている内容を、アフォーダンスの理論と保育の実践とをつなぐ対談として、公にできてとてもうれしいです。

またこの号では、色彩の専門家である宮内博実先生(静岡文化芸術大学名誉教授)も登場。
「子どもの育つ環境と色の世界」と題して、保育環境の色彩について語られています。




色の違いを見分ける弁別力は、4歳でほぼ大人と同じに
幼児期に豊かなカラーボキャブラリーを。
子どもらしい色は、ほとんどが大人の思い込み。
民族性・エリアによって、好まれる色は変わる。
幼稚園・保育園の色彩環境は家庭の延長であるべき、といった内容が並びます。

保育環境や教材を、色彩の観点から見直すヒントが満載です。

エイデル研究所の出版物案内はこちら


わこう村のDVDが付録!?2014/05/12

6、7月号の小学館『新幼児と保育』が届きました。
今月の子どもの育ちを支える保育環境のテーマは砂遊び。川和保育園さんの砂場の写真が満載です。

表紙は長新太さんです。


驚きなのがその付録。ドキュメンタリー映画『わこう村 和光保育園の子どもたち」、60分のDVDがついているのです。宮川編集長、60分映画のDVDつけていいんですか~?と驚きました。
企画は「日本児童教育振興財団」。監督は、「こどもこそミライ」の筒井勝彦氏です。


60分ドキュメンタリー映画が付録って・・・。私、「こどもこそミライ」は映画館に見に行ったのに。本屋に走りましょう。

わこう村のおだやかで生き生きとした日常と環境。
子どもたちの自然のなかでの遊びや毎日の生活のシーン。
一つひとつの環境に鈴木先生や先生方の思いが埋め込まれています。

おやじの会のシーンもいい。(筒井監督、ワンシーンだけ掲載をお許しください)


お父さんたちが、園庭を掘って土台を組んでプールを作ります。
完成したプールの中ではしゃぐお父さんたち。
なんだか涙が出ちゃいます。

豊かな自然と、子どもが自分たちでふつうに遊ぶ姿が、ぜいたく品のように感じる今日この頃。自然や人とつながりのある生活やていねいな暮らしは、一部の恵まれた子どもにしか享受できないものなのでしょうか。保育園や幼稚園は、ほんとうの豊かさを子どもや保護者に提供できるはず。報告書や講演では伝えることが難しい保育園や幼稚園の可能性を、筒井監督が見事に映像にして下さいました。

「子どもにとって豊かな環境とは」、このDVDを見て話し合うことで多くの気づきが得られると思いました。
また「子育て支援とは何か?」、その本質を考えるためにも、ぴったりのDVDです。
映像のチカラは大きい。学生たちに見せて一緒に話をしてみたい、と思いました。

授業でも使ってもよいかお尋ねしたところ、小学館の宮川編集長はもちろんのこと、日本児童教育振興財団の担当者の方も、「ぜひどうぞお使いください」と、許可をいただきました。ありがたいことです。こういう思いと行動が重なりあって、保育も、社会も少しずつ少しずつ良くなっていくのですね。

ただし研修などの「上映会」は、有料、無料にかかわらず不可だそうですので、どうぞご注意ください。


議員さんの一日保育士体験2013/10/11


黒目川は、日差しも風も秋の気配。

全国保育研究大会に参加される皆様、そして準備に携わる皆様、大変にお疲れ様です。本日は最終日ですね。
これまで大学の仕事を休めずお断りさせていただくことが多かった大会ですが、今年は「保育の社会化に向けて~保育の営みをいかに社会に発信するか」の分科会に助言者として参加することができました。学びの多い三題の発表でしたが、なかでも北九州市保育士会の発表は圧巻でした。

20年間の研究をまとめた本の発刊。保育所を理解するためのDVDの作成と各園への配布とユーチューブへのアップ、駅前の大型ビジョンを使って保育のCMを流すなど、保育にかける情熱に圧倒されました。
なかでも議員さんや学校の先生、民生児童委員さんなどを招いての一日保育士体験は、何と昭和58年から続けていらっしゃるのだとか。一日体験をした方を集めて振り返りと交流の会も開いているそうです。
保育所での保育士経験がある議員さんは、「国の最低基準以上の人的配置でないと子どもの最善の利益を守れない」、「保育は人が重要」という訴えがあったときにもその意味がありありとわかるでしょう。


八木義雄監修 北九州市保育士会編著「自我の芽生えとかみつき」蒼丘書林、2013
待井和江監修 北九州市保育士会編著「感性を育てる保育実践①~④」ミネルヴァ書房、1999
北九州市保育士会作成の認可保育園のパンフレット

それにしても、議員さんの一日保育士体験のような素晴らしい実践が30年近く続けられてきているというのに、それが全国に知られていないことが本当に惜しい。「各地域・園で保育者が積み上げた貴重な保育実践を保育者の共有財産とする仕組み」を、みんなで考えていく必要があります。


久しぶりに参加した全国保育研究大会でしたが、発表者や参加者の真剣さに触れながら、研究の助言や指導にあたる保育者や研究者は、公立と私立では保育者の労働条件が異なることをふまえて、保育者が実践研究によってバーンアウトすることがないように配慮する必要性についても、改めて感じて帰ってきたのでした。

保護者への通信に使える!育ちとかかわり方辞典2013/08/11

またまた小学館の雑誌の紹介です。『新幼児と保育 特集 0・1・2歳児の保育』
家庭に届けたい保育のスキル「子育て」と「保育」をつなぐ保存版だそうです。
この表紙だったら、小脇に抱えて歩いても、恥ずかしくない。保育雑誌には珍しいシンプルさです。


私は、複数の出版社の方から、「保育雑誌や保育の本は、幼稚で派手な表紙でないと売れません」と言われたことがあります。専門職の雑誌で、表紙にくまちゃんやうさちゃんが並ぶのは保育雑誌だけ。保護者向けの育児雑誌の方が、心理学や教育学が盛り込まれ、専門的な内容であったりします。
保育者の聡明さを信じ、保育雑誌界の常識にチャレンジする雑誌を、みんなで応援したいものです。

さて、「乳幼児の育ちとかかわり方」事典。
睡眠や食事場面でのよくある悩みから、三項関係の成立と言葉の発達、自我のめばえと、折り合いのつけ方、だだこね、かみつきとひっかきなど、保護者も保育者も同じように困り、悩みがちなことをテーマにした特集です。
懇談会や連絡帳の回答、お便りの参考にもなりそうです。



時々、若い先生から、「私は子育ての経験がないので、保護者から相談を受けても自信がなくて」と、言われることがあります。でも、相談をされること自体が、保護者から信頼をされている証拠。保護者は信頼していない先生に相談したりはしません。若くても、保育士としての専門知識と経験に信頼をおいて、話をしていらっしゃるのでしょう。
0・1・2歳の行動は、初めて子育てをする親にはわかりにくい行動ばかりです。乳児の行動の意味を、専門知識に基づいて、説明・代弁できるといいですね。

また、「わたしの保育 実践記録およびエッセイ」の募集も載っていました。締め切りは9月10日(火)だそうです。今年も入賞作品を読むのが楽しみです。