つかまり立ちから後ろに倒れる2017/10/26

つかまり立ちの子どもが、後ろに転倒してしまうことについてメールをいただきました。
メールへの返信をこちらに書きますね。

子どもが立ちあがった状態から後ろに転倒して後頭部を打つことは危険です。

後ろへの転倒は、腰と体幹が不安定なことが原因と考えられます。
腰がふらふらなのに、腕の力や、足の突っ張りで、つかまり立ちをすると、
その後も歩行が安定せず、顔から転び、長く歩けないことになりがちですね。

つかまり立ちで後ろに転ばないためには、
あおむけの遊び、ハイハイ、床からの立ち上がりで
安定した腰と体幹をもつことが必要です。
でも、早くお座りを、早く立っちを、早く歩いてと
発達の先取りをされて、
手をつかずに転びやすく、長く歩けない子どもがいて、
保育者を悩ませています。

入園した段階で、つかまり立ちで後ろに転ぶ子どももいるでしょう。
もしも私だったら・・・

①まずは、つかまり立ちする箇所には、
ぶ厚いマットなどを敷きます。

②保育室の床は、斜面と段差、でこぼこ、フワフワをふやし
手をついて四つ足での移動が増えるようにします。

③段ボールや、牛乳パックの手作り積木、布団やクッションなどを使って、
またぐ、入りこむ、乗り越えるなど、
四つ足での複雑な身体運動が繰り返しできるようにします。

④回遊性や、直線の空間、その先に新規性の高い物を置くなど、
子どもが思わずはいたくなるような空間づくりをします。
廊下や他の保育室も使い、できるだけ長くハイハイ移動ができるようにします。

⑤保育者はハイハイで逃げたり、追いかけたり、
いないいないばあをしたりして、はうことを促します。

⑥園庭や散歩先にゆるやかな坂があれば
そこでハイハイができるようにします。
広い園庭でハイハイすることも促します。
人手があれば、階段でのハイハイも促します。

⑦また牛乳パックの積木や布袋など、大きいもの、重いものを置いて、
運んだり、押したり、ひっくり返すことを促します。

⑧抱っこ~と来ることも多いでしょうから、
そのときにはひざのせ遊びや飛行機など
じゃれつき遊びをします。
体のマッサージもしたいですね。

そうして、安定した腰と体幹を育てます。

保護者には、つかまり立ちで転倒していること。
後頭部を打つと危険なことをお伝えし、
おうちでもハイハイやじゃれつき遊びをしていただけるように
慎重にていねいにお話すると思います。

入園時には、パラシュート反射を確認し、
「転んで身を守る能力」を身につけていない子どもさんの場合には、
しばらくは顔から転んでけがをする可能性があることを、
対応と共にお伝えするでしょう。

園で0歳時期の経験を取り戻すのは、とても大変です。
保護者が、子育てひろばなどを赤ちゃんのときに利用して、
適切な子育て情報を見聞きできることが大事ですね。

赤ちゃんの育ちを支える子育て支援モデルは、こちらがお薦め。
「ここでみんなで育ち合い ここみ広場」
http://kokomi.hamazo.tv/
支援者研修も行われています。

コメント

トラックバック